concept

禧 YOSHIのこだわり

私たちは本当に美味しい中国料理、その中でも源流を広東料理に持ちながら、日本において独自に進化してきた、いわばJAPANESEスタイルの広東料理を表現します。

本場中国の伝統の技法を踏襲し、ハーブや香辛料をさりげなく使い、日本が誇る豊富な食材を日本人が繊細に調理することで、食材本来がもつ自然な味わいを最大限に引き立たせる格別な料理に仕上げております。

禧では、このようなコンセプトをより深く楽しんでいただくために、日本の伝統でもある「日本酒」を食事のお供に選んでいただけます。今までになかった、JAPANESEスタイルの広東と日本酒の絶妙なマッチングをぜひ心ゆくまでお楽しみください。

 

シェフのご紹介

料理長 浜田克博

1976 静岡県出身

1996 吉祥寺{桃園}にて広東料理、四川料理の修行を始める。川口オーナーシェフの元、調理の基礎を学び、24歳の時、副料理長に抜擢される。

2003 ホテルモリノ新百合ヶ丘、広東名菜{赤坂璃宮}に入社。主に、前菜、板場を担当する。27歳の時、料理長他数人と香港に行った際、本場の広東料理に感銘を受け、以来広東料理を中心に東京都内、横浜を食べ歩き、独学で勉強を進める。

2005 ホテルパシフィック東京、広東料理{楼蘭}に入社。主に、鍋、前菜を担当する。

2010 マンダリンオリエンタル東京、カントニーズダイニング{SENSE}初代料理長高瀬シェフの紹介により、銀座三越サイアミーズフィンに参画。

2013年料理長に就任。銀座5丁目に2号店をオープンし、総料理長に就任。

2017 西麻布に自信の集大成となる、中華海鮮餐庁{禧}YOSHIをオープン。

シェフ 坂本慎吾

1978 茨城県出身

1997 ホテルパシフィック東京、広東料理(楼蘭)で広東料理の修行をはじめる。現大磯プリンスホテル、中国料理「李芳」の大類氏に師事。主に、前菜、板場に従事し、調理の基礎、料理に対する姿勢を学ぶ。

2010 銀座「楼蘭」にて前菜を担当する。 2012 マンダリンオリエンタル東京、カントニーズダイニング[SENSE]、初代料理長、高瀬シェフの元で研修。

2013 東京ステーションホテル、カントニーズ「燕」にて、副料理長に就任。

2015 銀座三越サイアミーズフィン濱田総料理長より招集され、副料理長を経て、料理長に就任。

2017 西麻布 中華海鮮餐庁{禧}YOSHIに参画

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6805-1622 営業時間:
Lunch11:30〜15:00(L.O.14:30)
Dinner 18:00〜23:00(L.O.22:00)
定休日:月曜日

PAGETOP
Copyright © Cantonese Restaurant Yoshi All Rights Reserved.